IMGL1756.jpg


BULLET KNIGHTS ランサー Wide Body メガミデバイス改造パーツ 


lancer con parts.jpg


BULLET KNIGHTSランチャーWide Bodyメガミデバイス改造パーツとヘアパーツと色で除けば、組立方法は、完全に同じです。

1。 この製品は上級者用の組み立て方、レジンカラーレジンキャストキットです。

2.このキットを組み立てるためには瞬間接着剤が必要です。 普通のプラスチック用接着剤を使うと、

接着できなかったり、すぐに外れる場合があります。

3. 稼動用ジョイントパーツの接着用ピンの場合、場合によっては、

少し切り取ってから使用しなければならない場合もあり、決してすぐにレジンパーツと接着せず、

適当な長さ(位置)であるかを確認してから、最後に接着することをおすすめします。

4.この製品は手作りで生産されるため、製品に小さな未成型及び気泡が存在します。 

その部分はパーツの同じ色の予備のピースなどを加工して接着した後、削って修正すればいいんです。

詳細な説明は以下の画像をクリックしてください。

20200829_111408 사본.jpg 

5.組み立て作業の直後、ジョイント部分がとても固くて、よく動かない場合、無理に動かさず(ジョイントが破損することがあります)、

ジョイント内部に少量のグリースや、食用油を塗った後しばらく経ってから動いてください。

6。左右区分が難しいパーツには右に▲マーク、左に●マークが表示されています。

7.パーツが変形していたり、部品の紐付けが悪い場合、配送や保管中に変形している可能性があります。 レジンパーツは50度から70度

くらいの熱湯で柔らかくなります。 合わないパーツの中で形を矯正しやすいパーツをお湯に部分的に入れて柔らかくした後、

反対側のパーツと組み合わせて形を矯正した後、冷たいお湯に入れるとまた形が硬くなります。水着パーツの腹部とパンツの

部分が少し開いたら、この方法で矯正するといいでしょう。 ただ、パーツが薄くて大きすぎるパーツの場合、パーツ自体の重さで

一度柔らかくなった後、また元の形に戻りにくい場合があるので、無条件にお湯に入れるよりは、矯正が必要な部分だけ部分的に

柔らかくして形状を矯正した方がいいです。

8. アフターサービスに関するお問い合わせはmuscutoparts@gmail.com へお願いします。


漫画型マニュアル制作は、筋肉先生です!ありがとうございます!^^!  TWITTER:    https://twitter.com/kin29t


muscuto all.jpg



20191116_023218.jpg 20191116_023227.jpg 20191116_023236.jpg 20191116_023247.jpg 20191116_023250.jpg 20191116_023254.jpg 20191116_023725.jpg 20191116_023807.jpg 20191116_023911.jpg 20191116_023928.jpg 20191116_023951.jpg 20191116_024024.jpg 20191116_024108.jpg 20191116_024213.jpg 20191116_024240.jpg 20191116_024345.jpg 20191116_024505.jpg 20191116_024819.jpg 20191116_024911.jpg 20191116_025005.jpg 20191116_025337.jpg 20191116_025658.jpg 20191116_025733.jpg 20191116_030022.jpg 20191116_030433.jpg 20191116_030604.jpg 20191116_030641.jpg 20191116_031238.jpg 20191116_031534.jpg 20191116_031605.jpg 20191116_031614.jpg 20191116_031847.jpg 20191116_033934.jpg 20191116_034021.jpg 20191116_034105.jpg 20191116_034247.jpg 20191116_034326.jpg 20191116_034359.jpg 20191116_034459.jpg 20191116_034709.jpg 20191116_034716.jpg 20191116_034842.jpg 20191116_035407.jpg 20191116_035417.jpg 20191116_035442.jpg 20191116_035544.jpg 20191116_035551.jpg 20191116_035706.jpg 20191116_035723.jpg 20191116_035942.jpg 20191116_040043.jpg 20191116_040608.jpg 20191116_041700.jpg 20191116_042106.jpg 20191116_042149.jpg 20191116_042224.jpg 20191116_042420.jpg 20191116_043046.jpg 20191116_043058.jpg 20191116_043125.jpg 20191116_043239.jpg 20191116_043418.jpg 20191116_043432.jpg 20191116_043544.jpg 20191116_043553.jpg 20191116_043642.jpg 20191116_043827.jpg 20191116_044010.jpg 


このパーツの場合、穴の内部に3DプリンタのUVレジンが液体の形で少し残っている場合があります。

可動に良くない影響を与えるので、シンナーやアルコールなどできれいに洗浄してくれます。穴の片側には、

薄い膜が、洗浄の邪魔になら、除去しても良いです。



20191116_044029.jpg 20191116_044210.jpg

写真では、股関節部分のインジェクションパーツを白を使用したが、実際の組み立てでは、

肌の色のパーツを使用することをお勧めします。このパーツの両側にあるピンは、両方の長さが異なります。

長手のピンに、UVレジンパーツを挟んでいます。もしかしたら少し緩い感じがする場合は、

瞬間接着剤などでUVレジンの穴の内側を少しコーティングして、良い感じにしてくれます。


20191116_044217.jpg 20191116_044303.jpg 20191116_044325.jpg 20191116_044511.jpg 20191116_044516.jpg 

内部の可動部分には影響がないように注意して、瞬間接着剤で接着しています。

20191116_044553.jpg 20191116_044657.jpg 20191116_044702.jpg 20191116_044814.jpg 20191116_044828.jpg 

アクリル棒の特性上、サイズが正確でない場合がありますので、あまりに緩い感じている場合の瞬間接着剤などを使用して、
少し太く作ってくれて、とても厚くなら、ナイフやサンドペーパーを用いて削ります。


20191116_044850.jpg 20191116_044914.jpg 20191116_044936.jpg 20191116_045024.jpg 20191116_045409.jpg 20191116_045512.jpg 20191116_045540.jpg 20191116_045717.jpg 20191116_045727.jpg 20191116_045923.jpg 20191116_045940.jpg 20191116_050622.jpg 20191116_050938.jpg 20191116_050957.jpg 20191116_051018.jpg 20191116_051036.jpg 20191116_051120.jpg 20191116_051124.jpg 20191116_051157.jpg 20191116_051159.jpg 20191116_051211.jpg 20191116_051231.jpg 20191116_051301.jpg 20191116_051433.jpg 20191116_051445.jpg 20191116_051450.jpg