.

bade104e7b4938e2967a9d2c1eea1416.jpg

 

MUSCUTO SOLラプター メガミデバイス改造パーツセット 

 

コトブキヤ メガミデバイス用 改造キット

 

© KOTOBUKIYA・RAMPAGE ©Masaki Apsy

 

1。 この製品は上級者用の組み立て方、レジンカラーレジンキャストキットです。

2.このキットを組み立てるためには瞬間接着剤が必要です。 普通のプラスチック用接着剤を使うと、

接着できなかったり、すぐに外れる場合があります。

3. 稼動用ジョイントパーツの接着用ピンの場合、場合によっては、

少し切り取ってから使用しなければならない場合もあり、決してすぐにレジンパーツと接着せず、

適当な長さ(位置)であるかを確認してから、最後に接着することをおすすめします。

4.この製品は手作りで生産されるため、製品に小さな未成型及び気泡が存在します。 

その部分はパーツの同じ色の予備のピースなどを加工して接着した後、削って修正すればいいんです。

詳細な説明は以下の画像をクリックしてください。

20200829_111408 사본.jpg 

5.組み立て作業の直後、ジョイント部分がとても固くて、よく動かない場合、無理に動かさず(ジョイントが破損することがあります)、

ジョイント内部に少量のグリースや、食用油を塗った後しばらく経ってから動いてください。

6。左右区分が難しいパーツには右に▲マーク、左に●マークが表示されています。

7.パーツが変形していたり、部品の紐付けが悪い場合、配送や保管中に変形している可能性があります。 レジンパーツは50度から70度

くらいの熱湯で柔らかくなります。 合わないパーツの中で形を矯正しやすいパーツをお湯に部分的に入れて柔らかくした後、

反対側のパーツと組み合わせて形を矯正した後、冷たいお湯に入れるとまた形が硬くなります。水着パーツの腹部とパンツの

部分が少し開いたら、この方法で矯正するといいでしょう。 ただ、パーツが薄くて大きすぎるパーツの場合、パーツ自体の重さで

一度柔らかくなった後、また元の形に戻りにくい場合があるので、無条件にお湯に入れるよりは、矯正が必要な部分だけ部分的に

柔らかくして形状を矯正した方がいいです。

8.顔パーツの目のデカールの使い方は、下のリンクをクリックしてください。

http://muscuto.com/xe/gallery/5003

 

9. アフターサービスに関するお問い合わせはmuscutoparts@gmail.com へお願いします。

 

 

raptor parts.jpg

 

20181212-IMGL0888.jpg 20181212-IMGL0889.jpg 20181212-IMGL0891.jpg 20181212-IMGL0892.jpg 20181212-IMGL0893.jpg 20181212-IMGL0896.jpg 20181212-IMGL0897.jpg 20181212-IMGL0898.jpg 20181212-IMGL0900.jpg 20181212-IMGL0902.jpg 20181212-IMGL0904.jpg 20181212-IMGL0906.jpg 20181212-IMGL0908.jpg 20181212-IMGL0911.jpg 20181212-IMGL0912.jpg 20181212-IMGL0914.jpg 20181212-IMGL0917.jpg 20181212-IMGL0919.jpg 20181212-IMGL0922.jpg 20181212-IMGL0924.jpg 20181212-IMGL0925.jpg 20181212-IMGL0926.jpg 20181212-IMGL0928.jpg 20181212-IMGL0929.jpg 20181212-IMGL0936.jpg 20181212-IMGL0937.jpg 20181212-IMGL0938.jpg 20181212-IMGL0942.jpg

 

inx.jpg