intro.JPG



カラーレジンキットの気泡型未成型、不良パーツの修理法


写真は、カラーレジンキットで気泡による未成形や、

パーツが折れて一部がなくなった場合、キットに付いている同一カラーの使用しない部分(成形用ゲート)と

瞬間接着剤を利用して修正する方法です。
塗装をしていないカラーレジンキットでは必須ですのでご参考願います!
ありがとうございます。





気泡による未成形を発見したら、簡単に瞬間接着剤を

パテのように使って簡単に修正する方法もありますが、

よく見える部分や敏感な部分の場合、気泡のある部分に同じカラーの

レジンパーツをくさびのように刺してから修正する方法です。

まず、気泡のある部分を少し加工して、

レジンにしたくさびが入りやすいように加工します。

普通、穴を少し広げればいいのです。


20200829_111408.jpg




使用しないレジンパーツを切り取り、

ニッパー、あるいはナイフでくさびのように加工します。


20200829_111426.jpg

20200829_111456.jpg

20200829_111529.jpg





作ったレジンくさびの先に瞬間接着剤を少量塗ります。 

必ず瞬間接着剤のみ可能で、水のような粘度の金属用よりは、

少し粘度のある木製用の瞬間接着剤や、

絞って使うチューブ型の方が良いでしょう。


20200829_111625.jpg

20200829_111632.jpg

20200829_111649.jpg



瞬間接着剤を塗ったレジンくさびを穴や気泡による未成形がある場所に

少し力で押される感じで挟みます。 この時少し早く処理したいなら、

瞬間接着剤用の硬化促進剤を使ってもいいです。


20200829_111719.jpg


以降、余分な部分を切り取り、

加工してもらえればOKです。 お疲れ様でした。


20200829_111807.jpg




20200829_111408 사본.jpg