cbf42c3f3f80d17f7209428e7aa26573.jpg


ビキニ忍者 メガミデバイス改造パーツセット 


コトブキヤ メガミデバイス用 改造キット


A/ Sについてのご案内です!

パーツの不良や、不足しているがある場合は、上記の部品の画像からパーツを表示した後、muscutoparts@gmail.com  にご連絡お願いいたします!

よろしくお願いします!


1.レジンキャスト製品であるため、接着には瞬間接着剤や(ロックタイト)エポキシ系接着剤を使用してください。

プラスチックを溶かして接着する系統の接着剤(プラモデル用)は使用できません。

2.カラーキャスト製品であるため、色のまま組み立てた場合(公開した製品のサンプルのように)で、
長時間化学性が強い洗浄液に入れておくと、色落ち、色移りの可能性があります。
基本的には離型剤を使用せずに生産するため、簡単な洗浄で十分です。

bikini parts.jpg

20181213_210027-001.jpg 20181213_210038-002.jpg 20181213_210043-003.jpg 20181213_211036-004.jpg 20181213_211116-005.jpg 20181213_211213-006.jpg 20181213_211315-007.jpg 20181213_211416-008.jpg 20181213_211444-009.jpg 20181213_211457-010.jpg 20181213_211526-011.jpg 20181213_211534-012.jpg 20181213_211602-013.jpg 20181213_211640-014.jpg 20181213_231653-015.jpg 20181213_231802-016.jpg 20181213_232510-017.jpg 20181213_232656-018.jpg 20181213_232836-019.jpg 20181213_232847-020.jpg 20181214_003416-021.jpg 20181214_003436-022.jpg 20181214_005217-023.jpg 20181214_005241-024.jpg 20181214_005426-025.jpg 20181214_005527-026.jpg 20181214_005618-027.jpg 20181214_005633-028.jpg 20181214_005653-029.jpg 20181214_005833-030.jpg 20181214_010034-031.jpg 20181214_010204-032.jpg 20181214_010415-033.jpg 20181214_010658-034.jpg 20181214_010715-035.jpg 20181214_010925-036.jpg 20181214_011103-037.jpg 20181214_011115-038.jpg 20181214_011425-039.jpg 20181214_011438-040.jpg 20181214_011446-041.jpg 20181214_011604-042.jpg 20181214_011625-043.jpg 20181214_011752-044.jpg 20181214_011758-045.jpg 20181214_011919-046.jpg 20181214_011937-047.jpg 20181214_012406-048.jpg 20181214_012416-049.jpg 20181214_012420-050.jpg 20181214_012453-051.jpg 20181214_012514-052.jpg 20181214_012536-053.jpg 20181214_012822-054.jpg 20181214_013139-055.jpg 20181214_013206-056.jpg 20181214_013227-057.jpg 20181214_013347-058.jpg 20181214_013630-059.jpg 20181214_013837-060.jpg 20181214_014254-061.jpg 20181214_014421-062.jpg 20181214_014432-063.jpg 20181214_014646-064.jpg 20181214_014702-065.jpg 20181214_014826-066.jpg 20181214_015339-067.jpg 20181214_015351-068.jpg 20181214_015411-069.jpg 20181214_015457-070.jpg 20181214_015525-071.jpg 20181214_202553-072.jpg 20181214_202635-073.jpg 

このパーツの場合、穴の内部に3DプリンタのUVレジンが液体の形で少し残っている場合があります。

可動に良くない影響を与えるので、シンナーやアルコールなどできれいに洗浄してくれます。穴の片側には、

薄い膜が、洗浄の邪魔になら、除去しても良いです。


20181214_202943-074.jpg 

写真では、股関節部分のインジェクションパーツを白を使用したが、実際の組み立てでは、

肌の色のパーツを使用することをお勧めします。このパーツの両側にあるピンは、両方の長さが異なります。

長手のピンに、UVレジンパーツを挟んでいます。もしかしたら少し緩い感じがする場合は、

瞬間接着剤などでUVレジンの穴の内側を少しコーティングして、良い感じにしてくれます。


20181214_203107-075.jpg 20181214_203125-076.jpg 20181214_203219-077.jpg 

内部の可動部分には影響がないように注意して、瞬間接着剤で接着しています。

20181214_203236-078.jpg 20181214_203242-079.jpg 20181214_203254-080.jpg 20181214_203551-081.jpg 20181214_203557-082.jpg 20181214_203603-083.jpg 20181214_203612-084.jpg 20181214_203942-085.jpg 20181214_203942-086.jpg 

アクリル棒の特性上、サイズが正確でない場合がありますので、あまりに緩い感じている場合の瞬間接着剤などを使用して、
少し太く作ってくれて、とても厚くなら、ナイフやサンドペーパーを用いて削ります。

20181214_204017-086.jpg 

20181214_204047-087.jpg 

太もも部分を接続するピンの場合には、すぐに肌の色の上の太ももパーツの接着と、傾いた状態で接着なることがあるので、

まず、下の太ももパーツに対応するピンとリングを挟んだ後(もちろん、接着はしていません!!)ピンの上部や、

上部肌色パーツの穴側少量の瞬間接着剤を塗った後、通常の角度で接着すれば、基蔚珍状態で接着されている

事故(!)を防ぐことができます。


20181214_204117-088.jpg 20181214_204145-089.jpg 20181214_210402-090.jpg 20181214_210433-091.jpg 20181214_210725-092.jpg 20181214_210800-093.jpg 20181214_211000-095.jpg 20181214_211033-096.jpg 20181214_211337-097.jpg 20181214_211344-098.jpg 20181214_211711-099.jpg 20181214_211734-100.jpg 20181214_211756-101.jpg 20181214_211816-102.jpg 20181214_212105-103.jpg 20181214_212218-104.jpg 20181214_212330-105.jpg 20181214_212351-106.jpg 20181214_212515-107.jpg 20181214_212539-108.jpg 20181214_212551-109.jpg 20181214_214311-110.jpg 20181214_214455-111.jpg 20181214_214803-112.jpg 20181214_214829-113.jpg 20181214_214850-114.jpg